医薬品を個人輸入を行う難しさ

ベストケンコーのような輸入代行を通さないで、個人で医薬品を輸入することは可能です。
それは個人輸入というものが、すでに海外で販売されている商品を個人が利用する目的のもとで持ち帰るだけというものだからです。
ですから個人輸入自体はさほど難しいことであるともいえます。
旅行に行った先でお土産を自分のために買う、この程度の認識でよいからです。
しかし、それは現地で直接に購入する場合だけであるといえます。
殊更に医薬品のような特殊な商品の場合はなお難しいといえるでしょう。
まず、個人輸入を日本から行う場合にはメールや電話を通して直接に交渉をし医薬品を購入するだけの語学力が必要です。

現地ではどのような取引を主体としているのかをも知っておく必要があります。
加えて医薬品の知識を持っている必要があります。
購入をしようと思っている医薬品はどれで、どのような効果なのかを把握することは非常に難しいです。
例えば風邪薬一つをとっても、喉の痛みに効くものもあれば熱や鼻かぜを狙いにするものと様々にあります。

医薬品の個人輸入をする場合には、このような症例にあった適切な医薬品を購入するだけの知識を持っているかどうかも重要になるのです。
ベストケンコーのような医薬品を専門に扱う個人輸入代行を利用するなら、公的機関の安全基準をクリアした商品を説明を見て安全に購入することができます。
これらの点をクリアーしても他にも問題は現れます。
あくまでも個人輸入は個人が利用することが目的ですから、多くの量は購入することができません。

医薬品は二ヶ月分しか購入することができないからです。
更に、要指示薬の場合ではたった一ヶ月の分量の医薬品しか購入することができないのです。
これでは安心して薬品を使うことはできませんし、切れてしまう度に個人で手続きをするのは非常に手間がかかってしまいます。
もちろん、購入の度に海外より発送されるために送料がかかってしまい、非常にコスト高です。
これらの諸問題をクリアしたとしても、まだ難題がやってきます。
それは医薬品が届かないもしくは不備があった場合です。
自身で直接個人輸入をする場合には、自分で信用できる販売者を見つけなければなりません。

ましてや商取引の慣習が違う相手との取引ですので、届く時期なども曖昧になりがちです。
仮にどれだけ誠実な対応をしてもらったところで、地球を廻って日本へとやって来るわけですから、薬品になんらしかのダメージがある場合も考えられるのです。
そのようなトラブルに直面した場合でも、自身で交渉して解決しなければならないのです。
以上のような点から、日本から個人輸入で医薬品を購入することは大変難しいと言えます。
そういった点を安全にカバーしてくれるのが、個人輸入代行を行っている会社です。
特に医薬品を扱うベストケンコーの場合は、配送の100%保障をしています。
個人輸入で医薬品を購入する場合は、こういったサービスを持った業者を利用することが賢い選択ではないでしょうか。

Comments are closed.