医薬品の個人輸入のメリットと注意点

個人輸入を利用して医薬品を購入していると言う方は、最近とても多いのではないでしょうか。
日本では未認可、もしくは自由診療によって手に入れるしかない医薬品も、個人輸入ならば簡単に入手できますから、人気が出るのも当然かもしれません。
しかも、お値段もリーズナブルな場合が多いですから、経済面から見ても優れていると言えます。
しかし、個人輸入の代行サービスを行なう業者の中には、正規品でないものを送ってくる悪徳業者もいるので要注意です。
見た目は正規品とそっくりでも、有効成分が含まれていないどころか、身体に害を及ぼすような不衛生な環境で製造されていることもあります。
そんな劣悪な商品を掴まされないためには、代行業者は厳しく選ぶことが最重要課題です。
個人輸入で医薬品を購入してみようとお考えなら、代行業者はベストケンコーが使いやすいでしょう。
扱っている医薬品の種類も豊富ですし、初めてでも注文しやすいサイトとなっています。
ひとつひとつの商品について、詳しい説明も書いてありますので、参考にする際にも便利です。
個人輸入の医薬品には、当然ですが日本語での取扱説明書は付いてきません。
英語が苦手な方には、用法や用量が分かりにくい場合があります。
そんな時も、ベストケンコーのホームページを見てみてください。
用法・用量もしっかり記載されていますので、安心して服用したり、塗布したりできるはずです。
また、ベストケンコーのホームページは、お薬の比較が出来るという特徴を持っています。
ダイエット用の薬や育毛薬、抗うつ剤、避妊用ピルなど、さまざまなジャンルに亘って色々な薬の成分や成分量、効果を比べることができるのです。
ジェネリック医薬品が出ている場合は、その種類も表示されますので、更にリーズナブルに購入することもできるでしょう。
ちなみにジェネリック医薬品とは、後発医薬品とも呼ばれる製品で、先発のブランド医薬品の特許が切れた後に、そのノウハウを用いて製造販売されるお薬を指します。
新薬のように開発費が掛からないため、その分安価となるのです。
安くても先発薬と成分も成分量も同じですので、安心して利用してください。
個人輸入で医薬品を手に入れる場合には、処方箋は必要ありません。
医療機関への受診も必要ありませんから、診察費も節約することができます。
いつも病院で診察を受け、処方箋を書いてもらっていた薬も、通常の通販とほぼ同じような方法でクリックしていくだけで、購入することができるのです。
ただし、個人輸入で手に入れた医薬品は、購入した本人が、自己責任で使用しなければなりません。
つまり、自分以外の誰にもその薬を使わせてはいけないのです。
友人に売るのはもちろん、少し分けてあげることも禁じられています。
家族間であっても同様ですので、注意しましょう。
また、ベストケンコーを通じて購入した商品は、外側には商品名の記載がないので、プライバシーも保てます。
ここで扱っている医薬品は全て正規品なので、安心して利用してください。

Comments are closed.