ジェネリック医薬品を簡単に手に入れよう

よくテレビで聞くようになったジェネリック薬ですが、安いとは聞くけれどどうやって購入すればいいのかよくわからないのが難点です。
ジェネリックは特許が切れた新薬を、他の製薬メーカーが同じ成分や安定性を持たせて作った医薬品のことです。
そのため開発コストがかからない分、既存の新薬よりも安く販売することができます。
持病を抱えている場合など、日々の薬代は馬鹿にならないものがあります。
ですからジェネリックを是非とも利用したいところです。

しかし、ジェネリック医薬品に切り替えたいとは思っていてもその為にはどうしたらよいのかがテレビでは教えてくれません。
よくテレビではお医者様に伝えたら変えてもらえますとの話も聞きますが、それほど上手くいくことはありません。
既存の製薬メーカーとのつながりもあるでしょうし、お医者様の立場上使い慣れたものを処方した方が安心であるからです。

調剤薬局での処方箋はどうでしょうか。
一般名称の処方箋ならばどのような医薬品でも処方してもらえるからです。
そしてその場合は積極的にジェネリック医薬品を提示することが義務付けられています。
でも注意してもらわなければいけないのは、一般名称である場合のみなのです。
普通の処方箋は一般名称では記載されていません。
この場合はその薬品を購入する人の同意の下でなければジェネリック医薬品に変えることができません。
自分から明確にジェネリック医薬品を指定しないかぎり変えてもらえることはないといえます。
またこれらの薬品は、当然日本国内で承認を受けた医薬品のものでない限り、受け取ることはできません。
このように薬品を処方する現場からの提供を受けるのが難しいジェネリック医薬品ですので、やはり日本での使用率はとても低いです。
凡そ15%程度ではないかと言われています。
欧米では使用されている薬品の半分以上がジェネリック医薬品だというのにです。

国内で難しいのならば、個人輸入をしたらいいと考えられるかもしれません。
しかし、今度は言語の違いと数多の薬の中から何がジェネリック医薬品として最適なのかを探すという壁が立ち塞がります。
個人でジェネリック医薬品を手に入れることはそういった問題をクリアした結果成し遂げられる非常にハードルの高いものなのです。
ジェネリック医薬品を取り巻く現状の中で、ベストケンコーのように米国の安全基準を適合しているものを提示している個人輸入業者はとても利用の勝手がよいといえるのです。
インターネットの時代だといっても、医薬品の個人輸入をするとなると、その手間は計り知れないものがあります。
いくら価格が安くなるといっても、その労力に見合わないのでは入手する意味が無いといえるでしょう。

その点においても人輸入代行業者の利用は非常に優れた手段であるといえます。
ベストケンコーを例にあげるならば、大手通販サイトで商品を購入するように、複雑な手続きは一切無く、HPから選ぶだけです。
優れた医薬品が世界にはあるというのに、それを利用できないのは大きな損失だと思います。
ジェネリック医薬品を選ぶという優れた手段が存在するというのに、それを利用することができない、そんな不可思議な歪みをベストケンコーのような個人輸入代行業者は解決をすることができるのです。

Comments are closed.